産後の体型に関する悩みは骨盤矯正で解消|女性のお悩み解決塾

出産したら骨盤に注意

マタニティ

骨盤の歪みが発生

妊娠、出産を経て、女性の体型が変わることは多いです。その理由は、出産によって骨盤が開くことにあります。実は出産前からホルモンの影響で少しずつ骨盤は緩んでいる状態になっています。出産を迎えるとさらに骨盤は開きますが、産後に開いた骨盤は、自然に元の状態に戻ることはありません。開いた骨盤の状態は体全体が歪むことにつながります。そのことにより、代謝や血行が悪くなり、頭痛や肩こりや腰痛、冷え性といった症状が発生します。脂肪も燃焼されにくく、出産しても元の体型に戻らない産後太りになる人も多いです。このような症状が悪化しないように、産後は骨盤矯正する必要があります。産後は骨盤がやわらかくなっていて歪みやすいので、早めに骨盤矯正するのがおすすめです。

生活習慣の見直しも

骨盤矯正の方法として、整体などに通ったり、ヨガや骨盤体操、矯正グッズを使用するなどがあります。骨盤矯正用の下着やベルトで固定するグッズは自宅でできる方法として人気のひとつです。それに加えて日常生活の中でも、骨盤が歪む原因が隠れている場合があります。例えば、椅子に座るときに足を組むことはないでしょうか。また、猫背で座ったり、背もたれによりかかる、床に座るときは横座り、といった姿勢も影響しています。これは立っているときでも同じです。姿勢が悪い歩き方や猫背は骨盤を歪ませる原因となります。片足に重心をかけて立ったり、同じ方の方にかばんをかけるといったことも影響します。生活習慣を見直すことも大切です。このように産後、さまざまな体調不良が起こったり、元の体型に戻らないのは骨盤の歪みのせいであることがあります。早めに骨盤矯正することを意識しましょう。