産後の体型に関する悩みは骨盤矯正で解消|女性のお悩み解決塾

出産した後のケアが大事

整体治療

妊娠中に心の準備をする

妊娠すると出産のことだけに集中して、産後のことがおざなりになってしまうケースが多いです。妊娠中は10ヶ月をかけて体型が変化していくのに対し、出産後は一気に元の体型に戻ろうとします。そのため身体にかかる負担はかなりのものがあります。産後の体調を整えるためにも、妊娠中から産後のことを考えて工夫しておくことが必要です。例えば産後の体調に関する情報に接しておくことだけでも、かなりの効果はあります。特に出産後のダイエットや骨盤矯正について学んでおくと、心構えができて対処の仕方もスムーズになります。特に産後の体型変化には骨盤の歪みが非常に関係しているので、骨盤矯正の方法や効果について知っておくことは必要です。

6ヶ月までに矯正する

出産後にすぐに元の体型に戻そうとして頑張る人がいますが、産後3週間ぐらいは筋トレや運動は避けた方がいいのです。出産のダメージで身体はボロボロになっていることを自覚し、身体と心のバランスを保つように気をつけることが大事です。骨盤矯正で大事なことは、出産後3ヶ月ぐらいの間に歪んだ姿勢を取ってしまうと骨盤が元に戻らなくなる可能性があるという点です。妊娠中に広がった骨盤は3ヶ月から4ヶ月かけて少しずつ縮みながら元に戻るのですが、その前に歪んだ姿勢を身体が覚えてしまうと元に戻りにくくなるのです。また出産してから6ヶ月が経つと骨盤が閉じてしまい矯正するのが難しくなるので、それまでに骨盤矯正を行う必要があります。